神戸野田高等学校 KOBE NODA HIGH SCHOOL

教育内容

特進Sコース(文系 | 理系)

国公立大・難関私大入試に対応したハイレベルな授業展開ときめ細やかな習熟度別学内予備校でサポート

特進Sコースは、約30人の少人数クラス編成。神戸大や兵庫県立大といった国公立大や関関同立に代表される難関私大現役合格を目指すために、独自のハイレベルなカリキュラムが設定されています。1年次は大学入試で必要とされる基礎力の定着に力を入れ、2年次からは文系と理系に分かれたカリキュラムで授業を展開します。3年次早々から入試演習に取り組み、国公立大の2次試験にも十分対応できる応用力を育成します。

教育プログラム

【月~金】1~7限
●8:30〜16:35
通常授業/週35時間(水曜は6限で終了)
【月~金】放課後
●16:50〜18:20
習熟度別学内予備校
「まとめの時間」で学習内容の定着を図る
部活動に参加
【月~金】放課後
●18:50〜20:20
自習室の利用
帰宅後に家庭学習に専念
習熟度別学内予備校
自習室の利用
土曜
●8:30〜10:40
総合的な学習の時間、進路ガイダンス、進路学習、模擬試験、講演会など

※上記の表は、2018年度実施分です。

カリキュラム

image

Sコースの特長

様々な学習支援プログラムと徹底した家庭学習で学力向上を目指す

平日7限までのハイレベルな授業に加えて、様々な学習支援プログラムで、生徒たちの学びをしっかりサポートします。また、帰宅後も生徒一人ひとりが主体的に学習に取り組めるよう、家庭学習の推進にも重点を置いています。学校と家庭の双方向で、基礎力の定着から実戦力・応用力の育成を図ります。

1.放課後の習熟度別学内予備校で学習サポート
週2回 16:50~18:20

受験指導の経験が豊富な本校専任教員と外部専門講師が生徒一人ひとりの学習を徹底的にサポート。理解度に応じたグループ編成(4~5人)を行い、それぞれのグループに最適な学習環境を提供します。

2.「まとめの時間」で学習を振り返る
週2回 16:50~18:20

教室に残って自学自習や仲間とのグループ学習に取り組みます。チューター(学習指導員)も常駐しているので、質問などもしやすい環境となっています。

3.部活動と勉強の両立が可能
18:50〜20:20

部活動後すぐに学習を始めることで、下校時間までの限られた時間を有効活用し、部活動と勉強の両立を効率よく図ることができます。

4.長期休業中の特別授業や学習合宿で学習時間を確保

長期休業中の特別授業では、各学期の復習や教科書に基づいた学習だけでなく、発展・応用問題にも積極的に取り組みます。また2年次に実施される学習合宿では、入試の演習問題に挑戦。受験に必要な実戦力や応用力を身につけます。

5.家庭学習の推進

生徒たちは毎日与えられる課題をベースに家庭学習に取り組みます。毎日の学習状況を「家庭学習の記録」に記入し、客観的に自分の学習時間や学習進度を確認。限られた時間内で効率的かつ計画的に学習する習慣を身につけます。

希望進路に合わせて文系、理系を選択(2年次)

大学受験を見据え、2年次より文系コースは国語・英語・地歴を中心に、理系コースは理科・数学を中心に履修。

理系強化プロジェクト始動~理系大学現役合格を目指して~

理系の国公立・私立大学の現役合格を目指し、2年次から理科・数学に重点を置いた「理系強化プロジェクト」を実施します。2022年度より新教育課程で実施される「理数探究(仮称)」を視野に入れ、アクティブ・ラーニングを取り入れた本校独自の様々な課外活動を通じて、理系的な知識・技能の習得だけでなく主体的・対話的な学びを深めます。

【実施予定プログラム】理系大学・学部との高大連携事業/iPadを用いたプレゼンテーション講座/英語イマージョン教育(数学・理科)/地元理工系企業での就業体験 など

プロジェクトチームで一人ひとりをサポート

特進Sコースの指導に携わる教員でプロジェクトチームを結成。まずは担任が個別面談などを通じて、生徒一人ひとりの個性や学習の理解度を把握します。生徒の成績データや志望傾向等を「教務管理システム」にまとめ、プロジェクトチーム内で共有。生徒一人ひとりの状況に応じてきめ細やかで的確なアドバイスを行います。

在校生’s Voice

先生と生徒の距離が近い学校です

特進Sコース 2年

中部 花保さん(神戸市立神出中学校出身)

先生と生徒の距離が近く、勉強面でも生活面でも気軽に相談にのってもらえます。特に習熟度別学内予備校では、分からないところがあってもすぐにその場で先生に聞くことができるので、家で悩まずに勉強ができます。帰宅後に習い事をしているので、両立をするために自分でしっかり計画を立てて、うまく時間を使えるようになりました。
特待生制度を採用
特進Sコースには、中学校や入試での成績で一定の条件を満たした場合、その成績に応じて入学金免除や奨学金給付等の特待生制度があります。 (詳しくは2019年度入学試験要項をご覧ください。)
ページトップへ戻る

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123