教育内容

神戸野田で21世紀型の学びを実践

さらなる高みへ

21世紀のこれからの日本では、情報化やグローバル化の急速な進展、人工知能(AI)やIoTの飛躍的な発展により、Society 5.0と言われる未来社会が到来すると考えられています。そしてこれからの未来社会は、非常に変化が速くて大きい、先の見えない・見通せない社会であると予想されています。

そのため現在、日本では、こうした新しい時代に対応するために、高校教育と大学教育、さらにそれを接続する大学入試制度を含めた大きな教育改革が進められています。そして今年度から、この新しい大学入試制度が導入されます。

これからの時代を生きる子どもたちは、どんなに変化の激しい社会であっても、自らの人生を主体的に切り拓いていくために、知識や技術だけでなく、思考力や判断力、表現力や行動力などの総合的な力=「生きる力」を身につけることが求められています。そのため、本校ではそうした汎用的な資質や能力を育成するために、生徒参加型・探究型の授業やICT機器を活用した「21世紀型の学び」の新しい教育づくりを推進しています。

この「21世紀型の学び」は、これからの時代に対応する未来を志向した新しい教育づくりです。本校で充実した高校生活を送り、それぞれの“Next Stage ~さらなる高み~”を目指して、大きな一歩を踏み出しましょう。

21世紀型の学び」を
実現する3つのキーワード

1アクティブ・ラーニング

実践例:進学総合コース 1年 『数学A』

1. 課題の提示

その日のテーマや目標を具体的に説明します。

2. ペアワーク

お互いの意見を交換しながら、正解を導き出します。

3. グループワーク

課題の難易度が上がると、今度は4人のグループで意見交換をします。

4. 生徒による発表

各グループの代表者が「先生」となって、グループの意見を発表します。

5. 解説

あらためて教員が課題の解説を行い、学習内容の定着を行います。

6. 振り返り

自分の言葉で文章にまとめることで、客観的に学習内容を再認識します。

2ICTの活用

ICT環境の整備

1. 一人ひとりにiPadを

授業や総合的な探究の時間などで、iPadを活用した主体的で活発な学習活動が展開されます。

2. 全教室にプロジェクター設置

大画面で映像・写真などを使い、わかりやすく効率の良い授業を展開。

3. 校内全域のWi-Fi化

様々な教育活動においてインターネットに接続することが可能です。

ICTを活用した取り組み

1. 「反転授業」で学びを深める

自宅にてiPadに配信された課題に取り組み、授業中はその課題についてディスカッションや質疑応答を行います。

2. スタディサプリ
(インターネット予備校)

トップクラスの講師陣の講義(動画)をiPadで受講。定期テスト対策から受験対策まで、自分に必要な学習をピンポイントで学ぶことができます。

3. iPadで英会話レッスン2021年度より全コースで実施

オンライン英会話を通じて、生きた英語に触れます。
※コミュニケーション英語で実施

◆ICTで生徒の教育環境を守る ~休校中の本校の取り組み~

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、本校は2020年5月末まで休校となりましたが、その間も本校のICTによる教育活動が大いに活用されました。本校では、今後も生徒一人ひとりの教育環境を確保するために、万全の体制を整えていきます。

1. オンラインでSHR(ショートホームルーム)を実施

iPadを使って毎朝定時にSHRを実施。日々の健康調査や学習面・生活面のサポートを行いました。またオンラインでの個人面談や保護者面談を通じて、家庭と学校のコミュニケーションを確保しました。

2. Web授業で学習サポート

Google Classroomを活用したWeb授業を実施。動画やライブ配信による授業や課題の配付・提出などを円滑に行うことができました。

3Noda探求

自己探究(1年次)

1年生は「自分を知る・社会を知る・目標達成へのライフプランを作成する」をテーマに、自己探究を深めます。「構成的グループエンカウンター」や、これから始まる高校生活の夢を語る「2分間スピーチ」で始まり、「職業人インタビュー」や「大学見学」等を通じてこれから出ていく社会を知り、自分と社会とのつながりを考えていきます。生徒の皆さんの主体的な活動を支援し、これからの社会で求められる「前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力」を育成します。

課題研究(2年次)

国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」。その中の5つの重要目標に、本校独自の「長田学」「グローバル」「健康・福祉・スポーツ」「伝統・文化・芸術」「サイエンス・テクノロジー・情報」の5分野を融合させた25のカテゴリーを形成。生徒はその中から選んだテーマに基づいて、ゼミ形式の課題研究に取り組みます。最終目標は、ポスターやスライドを使用したプレゼンテーション。この課題研究が生徒の応用力を発揮させ、キャリア形成の機会となることを期待しています。

ページトップへ戻る

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123