神戸野田高等学校 KOBE NODA HIGH SCHOOL

教育内容

教育システムとサポート

専門的かつ幅広い学びでひらける、進学への道。

進学総合コースのポイント

1. 進路サポート

進路指導

入試対策をしっかりサポート

進学に向けた様々な指導を各学年で実施。神戸野田で開催される「進路ガイダンス」には、50を超える大学が参加。生徒たちは希望する大学の説明会場で、学部の紹介や入試情報について説明を受けることができます。また、生徒一人ひとりに配付される「進路の手引き」を活用して、生徒の希望に沿った進路指導を行います。3年次には本校国語教員による小論文指導、面接指導なども行い、推薦入試やAO入試にも対応した取り組みを行います。

探究型学習

自らの生き方や職業観を考える学習

月2回土曜日に総合的な学習の時間として実施。2018年度は1年生の「人物ドキュメンタリー作品」づくりや、2年生の進路学習を通して、自らの生き方や職業観を考える学習を行っています。このような正解のない課題に取り組むことによって、生徒たちが主体的に参加し、仲間と深く考えながら問題を解決する力を養います。

クエストカップ2018 全国大会出場!

進学総合コース1年生の総合的な学習の時間を利用した探究型学習のテーマは、先人の足跡を追い、自らの人生へのヒントを得ることを目的とした「人物ドキュメンタリー作品」づくり。どのグループも時間をかけて自分たちの視点から趣向を凝らした作品に仕上げ、学年全体でプレゼンを行いました。その結果、水木しげるさんを探究したグループ作品、「好きなことで生きていく」が前年度に続き「クエストカップ2018全国大会」に出場。他校にはない朗読形式のプレゼンテーションで立派に披露することができました。

指定校推薦

大学への進路を保証する指定校推薦が充実

本校は、高大連携している4大学をはじめ、約70の大学、約40の短期大学から総計480名以上の指定校推薦枠を獲得しています。これは、日頃から学習に真剣に取り組んでいる姿勢が評価でき、学業成績において一定の基準を満たしている生徒を学校長が推薦することで、大学合格への確実な道が保証される制度です。進学総合コースなら、自分の日々の地道な努力がきちんと評価され、憧れの大学への進学につながります。

2. 放課後を有意義に活用

自分の課題に取り組む時間

進学補習

平日(水曜日を除く)の放課後や夏休みなどの長期休業中に進学補習を実施しています。1年次では国・数・英を中心に、普段の授業をさらに発展させた内容に取り組んでいます。2・3年次では、資格検定補習(漢検・英検)や理系進学希望者対象の数学補習、実力養成講座を開講し、進学に役立つ実戦力をしっかり身につけます。

自習室の活用月・火・木・金 15:45〜18:20

放課後に生徒が自由に利用できる自習室を設置しています。ブースに分けられているので、自主学習や学校課題などに集中して取り組むことができます。また、授業で分からなかった内容などを先生やチューター(学習指導員)に質問することによって、さらに学習への理解を深めます。

部活動に参加

学校生活をより楽しく、充実したものにしてくれる部活動。神戸野田では、運動部・文化部合わせて29の部活動に参加が可能です。みんなで青春の1ページをつくり上げましょう。

3. 国内修学旅行2年次

仲間と共に貴重な体験を

2018年度、進学総合・特進Aコース(スポーツ系)の修学旅行の行先は北海道。クラブメッド北海道トマムでは、大自然の中で様々なアクティビティに挑戦。国際色豊かなスタッフ「G.O」との英語での交流も楽しみの一つです。クラーク博士像で有名なさっぽろ羊ケ丘展望台や小樽での自主研修など、北海道を丸ごと体験できるプログラムを通じて、クラスメートとの絆を深めます。

4. 高大連携

大学の学びを体験し知的好奇心を深める

本校は4つの大学と「高大連携」を実施。大学での授業や実習体験、大学からの講師派遣、課外活動・クラブ活動による交流、大学施設の利用などを推進しています。さらに協定校推薦や指定校推薦による進路も確保しています。

4つの高大連携

神戸親和女子大学[文学部・発達教育学部] 児童教育や心理、福祉のほかジュニアスポーツ教育関連の学科もある伝統校。本校では保育の講義や実習が行われています。 神戸芸術工科大学[芸術工学部] アート・デザイン・メディアの総合大学。デザイナーの育成および、デザインの教育・研究を行っています。 流通科学大学[商学部・経済学部・人間社会学部] 学内店舗実習などを通して流通について研究する大学。情報科学系列と連携し、経済の仕組みや情報分析などを学びます。 神戸海星女子学院大学[現代人間学部]神戸海星=“超小人数(ちょうこにんずう)”教育!教職員があなたと向き合い、隣で寄り添い続けるからこそ、個性が輝き、高い専門性が身につきます。
ページトップへ戻る

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123