神戸野田高等学校 KOBE NODA HIGH SCHOOL

進路・資格

卒業生の声

夢のフィールドへ羽ばたいた先輩たち。

神戸野田での経験は、誇りであり宝物です

神戸市外国語大学 外国語学部 ロシア学科
2017年度 特進Sコース 卒業

筧 みくりさん

明石市立二見中学校出身

神戸野田高等学校で過ごした3年間は、私の人生における転換点であったと確信しています。進学する気のなかった私が、大学で外国語を学ぶことを望んでいる、その変化に自分自身、とても驚いていました。自信などまるでありませんでしたが、先生方は私自身よりも私の合格を信じ、何度も励ましてくださいました。入試は自分との戦いです。しかし、先生方の言葉がなければ、辛い受験期を乗り切ることは難しかったと感じています。それほど、その支えは大きいものでした。そうして掴んだ合格。何人もの先生方が祝福してくださり、この高校で、この先生方の元で学ぶことができて良かったと心の底から思いました。神戸野田の生徒であったことは私の誇りであり、ここでの高校生活は宝物として胸の中にあります。

現在は外国語学部ロシア学科に在籍しており、歴史や文化遍歴などを中心に、ロシア世界についての知識を深めています。勉強に部活動にと忙しい毎日ですが、かねてより憧れていた大学で学ぶことができる喜びを噛みしめ、充実した日々を送っています。

「友達」を超えた「仲間」がたくさんできました

東京農業大学 地域環境学部 森林総合学科
2017年度 特進Sコース 卒業

大塩 浩優樹さん

明石市立大久保北中学校出身

最後の最後に伸びた成績、きっかけは先生方の応援でした。
高2の1月くらいに受験勉強を始めてから秋までの約10ヵ月、私は成績が思うように伸びず苦しい日々が続いていました。しかし、親身になって指導してくださる先生方のおかげで少しずつ偏差値も上がり、そのことで褒められるのが嬉しく一層勉強に励むことができました。
また、成績の向上には互いに切磋琢磨できる友人の存在が不可欠であったと感じています。神戸野田は学力別でコースが分かれ、基本的に3年間クラスが変わることはありません。そのためクラスの仲はとても良く、「友達」ではなく今でも頻繁に連絡を取り合うかけがえのない「仲間」になることができました。学力の近い友人が周囲にいたため、私は自信のあった化学と生物、数学それぞれの科目の模試で1位を取ろうとし友人と競い合っていました。
結果として私は第1志望の大学に合格することはできませんでしたが、今では小さい頃からの夢である「自然保護官」という目標に向かって大きな一歩を踏み出せたと感じています。

楽しすぎて疲れるほど、充実した毎日

関西学院大学 社会学部 社会学研究科
2015年度 特進Sコース 卒業

中川 裕太さん

西宮市立鳴尾南中学校出身

僕の最初の“Next Stage”はこの神戸野田高校でした。友達の多くが公立高校へと進学する中、私立へ進むことに躊躇や劣等感を感じていました。しかし神戸野田での1学期を終えた後、「ああ、この高校に入って良かったな」と感じました。自由な校風と、生徒のことを一番に考えてくださる先生方、そして何より気の合う友達と過ごす学校生活。「疲れた。楽しすぎて」これは僕の同級生が卒業式の時に言った名言です。そんな言葉が出るほど僕たちの学校生活は本当に楽しく、神戸野田に入ったことを全く後悔しませんでした。
そんな入学から3年。僕は次のNext Stageとして、関西学院大学を選びました。もちろん、合格までの道のりは簡単ではありませんでしたが、そこでも先生方の面倒見の良さに救われました。土曜、日曜に学校へ行っても、頼めば自習室のカギを開けて使わせてくれる。質問があれば、職員室にいる誰かが答えてくれる。そんな環境で勉強ができたことが、関西学院大学合格の大きな要因となりました。そして僕は今、新たなNext Stageとして、大手進学塾の講師という職を選びました。この職を選んだ背景には、神戸野田でたくさんの先生方にお世話になった経験が少なからず影響していると思います。
最後に中学生のみなさんへ。中学も楽しい。大学も楽しい。だけれども、僕にとって一番楽しかったのは高校生活です。お節介を承知で言わせてもらえば、人生で一番楽しい高校という期間をどこで過ごすことが自分の人生にとって一番良い選択なのかを自分でしっかり考えて、高校を選んでほしいと思っています。

行きたい大学に合格できたのは
神戸野田のおかげです。

兵庫県立大学 工学部 機械・材料工学科
2017年特進Sコース 卒業

宮本 大地さん

神戸市立高倉中学校出身

神戸野田に入学して良かったと思えることは、大切な仲間や素晴らしい先生方と日々を過ごしていく中で、勉強をすることの楽しさを感じることができたことです。また、数学では模試の成績で校内トップを狙えるくらいにまで成長することができました。周りの方々への感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張りたいと思います。

いつでも質問や相談を聞いてくれる
熱心な先生に恵まれました。

神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科
2017年特進Sコース 卒業

酒井 萌菜さん

神戸市立丸山中学校出身

高校生活で印象に残っていることは英検対策がしっかりしていること、そして親身になってくれる先生に恵まれたことです。二次試験対策では何回も練習に付き合っていただき、それが自信に繋がりました。高校入学当初は英語の授業についていくことで精一杯でしたが、今では外国語大学に通い英語教師を目指すようになりました。

子供たちの可能性を
広げて伸ばせる
教育者を目指しています。

関西学院大学 教育学部
2016年特進Sコース 卒業

増田 裕樹さん

神戸市立福田中学校出身

神戸野田の魅力として、授業終了後のゼミや自習など学習環境の良さが挙げられますが、何よりも先生方が熱心だったことを覚えています。私はもともと勉強が苦手だったのですが、先生方から効果的な勉強法だけではなく、課題と向き合って努力する大切さを教えてもらいました。私も生徒の可能性を伸ばす教育者になれるよう、日々努力しています。

ときにやさしく、ときに厳しく
生徒一人ひとりに向き合い、
支え、見守ってくださいました。

兵庫県立大学 経済学部
2016年特進Sコース 卒業

中村 雅さん

加古川市立平岡中学校出身

神戸野田高校に入学してからの3年間は、とても充実していました。先生方はやさしいだけではなく、ときに厳しいのですが、受験でストレスを抱えがちな私たち一人ひとりと正面から向き合い、支え、見守ってくださいました。神戸野田高校で学んだことや、先生方の教えを忘れることなく、これからの大学生活も頑張りたいと思います。

神戸野田ですばらしい先生方に出会い、
教師を志すようになりました。

関西学院大学 社会学部
2015年大学特進Sコース 卒業

中川 裕太さん

西宮市立鳴尾南中学校出身

神戸野田で、生徒の話をいつも熱心に聞く先生や、本当に悪いことをした時にきっちりと叱る先生に出会い、教師を志しました。学業では特に英語力が上がり、高3の春の模試で偏差値が20以上アップ。難関大に手が届くようになり、今は関西学院大学で社会学を学びながら塾講師のアルバイトもしています。

芸術表現系列で学んだことが今、
大学で活きています。

立命館大学 映像学部
2015年キャリアコース 卒業

山田 奈菜加さん

小野市立河合中学校出身

神戸野田在学中は芸術表現系列を選択し、主に漫画の描き方やシナリオ作成の技法を学んでいました。ここで身についたことは、いま立命館大学で学んでいる映像制作に通じるものがあり、脚本を考え、撮影のために絵コンテを描く時などに役立っています。映画監督になる夢に向け、今後も頑張り続けます。

ページトップへ戻る

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123

〒 653-0052 神戸市長田区海運町6-1-7

Tel.078-731-8015

Fax.078-731-2123